Excelでバーコードを使った勤怠管理とは?

このシステムの概要

バーコードを使った、出退勤管理システムです。

まず、社員名簿を元に、バーコード入りの社員カードを印刷します。
あとは、日々出勤・退勤の都度、バーコードリーダーで名札をスキャンするだけで、自動的に「出勤時刻」「退勤時刻」が記録され、月末にデータを集計します。

なお、バーコードは、JAN、CODE39、QRコードなどに対応可能です。

社員証に付けられたバーコードを読ませるだけで、勤怠登録ができます。

 運用イメージ

  • 出退勤時、社員カード等によりバーコードを読み取る
  • データが蓄積される
  • 管理ツールによってデータを加工
  • 給与管理ソフトなどへ、csv形式でデータを渡す