クレッシェンド|Excel(エクセル)専門システム開発
サービス会社情報人材募集お問合せ
株式会社 クレッシェンド


お問合せ
ホーム> 人材募集トップ

 転職者の声

 IT系企業からの転職者

IT企業=終電帰宅が当たり前というイメージが強いですが、個人のスキルに合わせて、無理のない仕事量を割り振ってもらえるので、よほど追いつめられない限り、基本的に残業ゼロです。
納期と相談しながらにはなりますが、有給もかなり自由に取得できます。

ITベンチャーのような根性論や精神論はなく、あるのは根拠と裏付け重視の社風。
各個人が無理をせずに、個々のペースと持ち味で仕事を進めるので、社内に悲壮感がないのが特徴ではないでしょうか。

残業が必要になる案件は年に1、2度あるか無いかといった程度です。

社内の人間関係はつかず離れずで、社としての飲み会や懇親会といったイベントは無いのですが、気の合う人同士でたまに食事に行くなど、適度な距離感で付き合えています。
夕飯時間には自宅にいて、土日はしっかりリフレッシュできるので、自分の時間をしっかり楽しんでいます。

 サービス業経験者(販売)

全くの別業界への転職で、自分の好きなこと・興味のあることを選んだとはいえ、今までの自分の経験が全く活かせなくなるのは寂しいなと思っていました。

しかし、営業部を持たない故にエンジニアが直接お客様とやり取りすることも多く、数年越しで付き合いのあるお客様から「また来年お願いする時も居てくださいね」と言われる等、接客業時代と同じようにお客様の笑顔を直接感じながら仕事が出来ています。

接客業時代はお客様=神様として、こちらが無理をする場面も多くありましたが、技術屋として「それは無理(工期的・金額的)です」と対等に折衝することもできます。

人が好きなのに、人と接するのに疲れるというストレスフルな対人業務がなく、PCリテラシーの低いお客様からの相談に対しては、エンジニアにはない、接客上がりだからこその柔らかな対応を活かせる場面も多いです。

別業界の経験もキチンと活かせるのは、クレッシェンドの特徴だなと感じています。

 事務職からの転職者

とにかく効率化を追い求める社風の為、(これは一体何のために?)という事がないです。

一般職の社員や派遣事務員で何社か経験してきましたが、一番驚いたのは急な体調不良や、電車の遅延で欠勤や遅刻の連絡をするときに、電話ではなくメールでいいところです。
メールなら証跡も残るし、病院からでも満員電車からでもすぐに連絡が取れます。
慣習にとらわれず、合理性を追求した対応には本当にびっくりしました。

また、普段からしっかり休息しているので、有給をそんなに消費せずに繰り越してしまいがちなのですが、数年前から買い取り制度が導入され、有給が無駄になることがなくなりました。

社員全体の年齢が一般企業に比べて若いので、上長からの理不尽な要求や先輩に聞きにくい、相談しにくいと言ったこともありません。

転職前は人間関係のストレスで体調を崩しましたが、今はのびのびやらせてもらって、すっかり回復しました。



Pagetop
Copyright(C) Crescendo Inc. All rights reserved.