クレッシェンド|Excel(エクセル)専門システム開発
サービス会社情報人材募集お問合せ
株式会社 クレッシェンド


お問合せ
ホーム> 人材募集トップ

 問題解決とは?

 「問題解決」とは、「見えない問題を見つけ、最善の答えを出す」事

皆さんは最近、困った事はありましたか?
更にいうと、その困った事はちゃんと「解決」出来たでしょうか。

当社にやってくるお客様は、たいてい困った事が「解決」できず手詰まりな状態です。そのため、何をすれば良いかを聞いても先へ進みません。此方から最善の答えを出す必要があります。
これが、「問題解決」ということになります。

我々はこの問題解決に加え、実際に結果まで出す「問題解決請負人」という立場になります。

 「問題解決請負人」とは何か

「問題解決請負人」とは、問題解決の提案をし、その仕事を請け負う人の事です。
当社で表現している新しい名称のため、一般的に認知はされていません。

問題の解決案を出すだけなら、言ってしまえば誰でも出来ます。テレビでも解説者がいるように、持論を述べるようなものだからです。
それ自体を否定することはしませんが、当社は提案の「結果」まで責任を持ちます。実際に提案した内容を実行し、問題を完全に解決した上で、その後のサポートまで行います。

だからこそ我々は「問題解決請負人」ですし、育成するための労力も惜しむつもりもありません。

 「問題解決請負人」の仕事例

問題解決請負人と言っている以上、お客様から直接言われた事を鵜呑みにはしません
実際に最近お仕事であった事を、ここで少し説明します。

 @レポート作成の時間がかかりすぎてるので短縮したい

Aさんはレポートを作成するために実験データを大量に集め、それをいつも手計算で分析していました。

データが集まれば集まるほど、分析に時間を要するので、いつもレポート提出は期限ギリギリです。

Aさんはもっと楽にレポートを作成したいと常々思っていました。

問題解決例1

 A業務効率化の為に導入したPCを活用した業務が複雑化し、却って非効率になっている

Bさんは研究室でのアルバイトを行っており、実験結果のデータ入力の担当でした。

単調な作業ですが量が多く、自動化できないかと考えて「実験データを自動的に入力するシステム」の作成を始めました。

しかしシステムの作成は思ったよりも難しく、なかなか出来上がらないため本来のデータ入力作業に支障が出始めていました。

問題解決例2


Pagetop
Copyright(C) Crescendo Inc. All rights reserved.